リンク元に戻る
1 期友の消息
new
平成29年の物故者
 
堀瑞 徹夫 平成29年1月21日
平成28年の物故者  
谷山 正典 平成28年1月29日
植松 眞衛 平成28年5月9日
大野 隆司(嘉一) 不明
平成27年の物故者  
芥川 義実 平成27年1月7日
小野 蘭二 平成27年3月3日
浅利 知夫 平成27年4月30日
池田 浩 平成27年5月15日
佐藤 清夫 平成27年5月17日
細谷 孝至 平成27年8月26日
稲葉 天洋 平成27年9月30日
平成26年の物故者  
斉藤 孝雄 平成26年1月3日
中村 利夫 平成26年1月23日
立山 喬 平成26年3月27日
金澤 亨 平成26年11月1日
清瀬 一弘 平成26年12月23日
会員の現状 28・06・01 入校時          601名
卒業時          581名
戦中戦没         331名
終戦時復員       250名
現在の健在者       48名
靖国神社遊就館で
『神風』をテーマにした特別展開催
  特攻で戦死した故海軍中佐辻誠夫君の白い絹のマフラーが展示されている
・特攻したミンドロ島の南にあるセミララ島付近で被弾、不時着、戦死したのであろうか? 来敵した米兵が持ち帰ったものらしく、経路不明で辻家に帰ったものである
・マフラーには家族の名前が書きもまれているという

2 七一会解散後の近況
new平成29年
靖国神社における永代神樂祭
 29・6・1 平成29年6月1日國神社に於ける永代神楽祭は初夏のさわやかな日に行なわれました。参集殿にお集まり、期友2名、ご遺族32名の方々のご参列の下、本殿にて厳かに執り行われました。
その後、遊就館前で記念撮影を行い、國会館で直会を行いました。直会では献杯、そして会食をとりながら和やかに一時を過ごしました。写真など詳細はこちらから。
平成28年
江田島品覚寺における永代神樂祭
 28・10・16 江田島品覚寺様での追悼法要が10月16日に執り行われました。
慰霊祭の前日(10月15日)の12時に呉駅に集合、恒例となりました駅前の「すし勝」で昼食、高速フェリーで江田島の小用に渡り旧海軍兵学校を訪れました。教育参考館では”七一会”であることから一般見学者は立ち入ることのできない「戦公死者銘牌」の間に入らせて頂きました。
その晩は品覚寺様に宿泊させて頂、翌日(10月16日)に追悼慰霊祭を執り行いました。今回で七十一回目の法要となり七一会としては一つの区切りでありますが、来年も元気に参集して慰霊祭を行うこととしました。
皆様にもご参加頂けます様お願いいたします。
写真など詳細はこちらから。
平成28年
靖国神社における永代神樂祭
 28・6・1 平成28年6月1日國神社に於ける永代神楽祭は初夏のさわやかな日に行なわれました。参集殿にお集まり、本殿にて厳かに執り行われました。
また、遊就館前で記念撮影を行い、國会館で直会を行いました。直会では献杯、そして会食をとりながら和やかに一時を過ごしました。写真など詳細はこちらから。
平成26年
 靖国神社における永代神樂祭
 26・6・1 平成26年6月1日國神社に於ける永代神楽祭は真夏日のとても暑い日でありましたが、参集殿にお集まり頂いた期友11名、ご遺族53名の方々のご参列の下、本殿にて厳かに執り行われました。 
 また、遊就館前で記念撮影を行い、國会館で直会を行いました。直会には期友9名、ご遺族35名の参加でありました。直会では恒例になりました田中様の献杯、そして会食をとりながら和やかに一時を過ごしました。写真など詳細はこちらから。
平成25年
江田島品覚寺における永代神樂祭
 25・10・20 江田島品覚寺様での追悼法要も10月20日に例年通り執り行われました。前日の19日に呉駅前に9名の方が集合、昼食後呉中央桟橋より高速艇で江田島小用へ、続いて旧海軍兵学校を見学の後、津久茂の品覚寺様に向かいました。夕刻到着された小竹利彦様(ビスマーク諸島北方海域にて戦死の小竹弘大尉の弟)よりお兄様の形見の遺品(帽子、短剣、ベルト)を品覚寺様に奉納されました。 翌日20日には期友の清瀬一弘様、江上様ご家族、小林朋子様がご到着され、平成25年度の追悼法要を滞りなく執り行いました。写真など詳細はこちらから。
平成25年
靖国神社における永代神樂祭
 25・6・1 今年度の國神社での永代神楽祭は初夏の日差しが厳しい中、期友10名、ご遺族63名が参拝されました。 神楽祭の後に記念写真を撮り、例年通り直会を行いました。会の終わりには江田島健児の歌、同期の桜を期友の音頭で熱唱し和気藹々の内に終了しました。詳細はこちらから。

 江田島品覚寺における慰霊祭
 24.10.21 江田島品覚寺様での追悼法要も10月21日に例年通り執り行われました。 出席頂きました方々(敬称略)は次の通りです。
期友 清瀬一弘、ご遺族 畠山恒子、田中崇之、下信子(三神武雄の長女)と夫、寺岡達裕ご夫妻(寺岡達二の甥)、室田照美、飯島茂美、米満睦子、小林明子(三宅晴彦の妹)、田上豊子、真理子(田上吉信の二女と孫)、上野光雄(上野立雄の長男)の14名 写真はこちらから。

尚、期友の伊藤茂様、細谷孝至様、ご遺族の松浦正子様(根本克の妹)より欠席のご連絡を頂きました。(世話役:上野光雄氏よりの報告)

 靖国神社における永代神樂祭
 24.06.01 6月1日に今年の永代神楽祭・直会を行いました。
当日13時半に受付開始のところ13時には予定のほとんどの方にお集まり頂き、お陰様で全てスムースに進行しました。
本殿での神楽祭終了後に遊就館前で記念撮影、その後靖国会館偕行の間(東)で直会を行いました。
出席の期友(敬称略)19名と同伴者4名
青井完吉、安部政裕、石丸文義、伊津野省三、植松眞衛、奥野恒夫、小野蘭二、鹿村和則、清瀬一弘、佐波真、清水文郎、常廣栄一、寺部甲子男、遠山司三郎、中村利夫、西村和夫、細谷孝至、増田洪志、湯野川守正  ご遺族52名の総勢75名 (世話役:上野光雄氏よりの報告)
 江田島津久茂寺における慰霊祭 22・10・10  品覚寺に参集したのは次の7人であった。
・故上野立雄君の長男・光雄さん、(戦没者))畠山信君の弟さん夫妻、故桑原茂樹君の娘さん(照美さん、茂美さん)。
・清瀬一弘君、伊藤茂君
今後は三神君に代わって上野君のご子息がお世話くださるとのことである。
(以上・伊藤茂君からの電話による)
 71会解散後初めての
靖国神社における永代神樂祭実施
22・6・1 ・小野蘭二君主催のもと、期友20名参加で行われた。
・直会の昼食会には39名が参加、参加しないご遺族が多くあったと、 三神君の知らせによる。
 最後の秋の懇親会
  (71会の解散)
21・11・15 ・期友会員29名(同伴者14名)、遺族会員11名の参加を得て実施された。
・クラス会解散後の連絡については結論を得なかった。
 平成21年度の戦没者慰霊祭
  (最後の慰霊祭)

 祭文常広栄一君奏上
21・5・30 ・ご遺族、68期先輩、期友あわせて235名の参列を得て、厳粛盛大に無事終了した。
・今年は最後の慰霊祭ということで大勢になったため神殿での玉串奉尊は2回に別れて行なわれた。
・来年からは毎年七十一期生が海軍少尉に任官した六月一日午後二時昇殿、永代神楽祭が挙行されるので靖国神社参集殿に参集。案内状は出さないとのことである。

 ※平成23年年以降の物故者、平成24年靖国神社永代神楽祭の情報は作成者佐藤様の承認の上、管理者原田佳明
   (71期原田盛之の甥)が掲載いたしました。